自分にあった印刷方法を選ぶ

スタンプイメージ

名刺の作成方法がいろいろあるように、その印刷方法も様々なものがあります。

印刷と聞くと、まず専門の名刺印刷業者が思い浮かびます。
何千人という社員のものを大量に作成する必要がある時は、業者に頼むのが一番効率的だと思います。

【[名刺の肩書]英語による肩書きの表記|SPEED名刺館】

英語による肩書き・部署の表記の参考資料です。会社や国によって言葉の意味合いが異なってきます。ですので、あくまでも参考程度にご覧下さいませ。

また自作をする場合は、だいたいA4サイズの名刺用の用紙にいくつものものを印刷し、それを後から自分で小分けに、ハサミやカッター又は裁断機等を使って切っていくという方法が一番一般的だと思います。

この場合作成ソフトの印刷機能を使うと、簡単にきれいにできると思います。

ワードで作成するときは、印刷設定等でまずシートを完成した時の大きさに罫線で区切っておくと、後から切り離す時に便利です。

自分ですると、かかる費用は用紙とプリンターのインク代くらいで済みます。
プライベートで自己紹介の時等に配るためのものを作る場合は、よっぽどのこだわりがある場合以外は、自宅のプリンターで作成したもので十分だと思います。

また需要が大きくなっている今、インターネットで名刺印刷の専用業者も現れてきています。

これらの業者の中には、比較的安く作成を請け負ってしてくれたり、そのウェブサイトのツールを使うと、送料のみで作成してくれたりといった業者もあります。

気になる場合は、一度インターネットで何社か簡単に予算を比べてみるのもいいかもしれません。

一言で自作するといっても、その方法は様々です。
効率・コストを考え、自分にあった方法を選ぶのがいいと思います。

ページの先頭へ